代表挨拶

石井プレス工業は金型製造も自前で起工できる、金属プレス加工メーカーです。
お客様から要求される様々なニーズに応えるべく、豊富な経験・知識をもった技術営業マンが
皆様のコンサルタントとして、お役にたてるよう愚直にご案内させて頂きます。
代表取締役社長  松崎 司

社長理念

決めたこと・きちんと・基本通りに・素直に

ニーズを知る

  • (1)提案型企業になり、お客様のニーズを理解、お客様へ満足を提供する
  • (2)お客様に信用、信頼され、皆様より必要とされる企業になる

行動計画の推進

(1)QC活動の強化
・・・ 不良の社外流出の阻止、品質情報のデータ化と履歴管理
(2)5S活動の強化
・・・ あらゆるムダの排除と隔たり無いリストラクションを実施
(3)環境の配慮推進
・・・ 省エネ設備の切替、人・地球環境にやさしい配慮型を提案縮
(4)新規開拓
・・・ オリジナル商品開発・自社の特性を理解し新規分野への挑戦

経営理念

お客様の満足度

  • スピーディー、誠実、正確さをモットーに

社員の満足度

  • 生活の向上

パートナーの満足度

  • 仕入先の満足度

会社概要

会社名
石井プレス工業株式会社
所在地
〒343-0852 埼玉県越谷市新川町1丁目23番地
電話
048-986-7151048-986-7151
FAX
048-987-9035048-987-9035
役員
代表取締役 松崎司
取締役 石井伸平
取締役 中保裕一
社外監査役 奥村太久実
資本金
45,900千円
設立
1948年(昭23年)3月
業内内容
精密金型の製作並びに加工、プレス及び板金並びに加工
主要製品
映像部品、建材部品関係など
主要取引先
センクシア株式会社
株式会社日立製作所
ニチコン株式会社
株式会社廣澤精機製作所
三和コーテックス株式会社
理想科学工業株式会社(順不同)
取引銀行
埼玉縣信用金庫 越谷支店
城北信用金庫 朝日町支店
武蔵野銀行

沿革

1948年 3月
東京大田区大森に有限会社石井製作所を設立する
1961年 3月
石井プレス工業株式会社と社名変更する
1969年 7月
大田区労働基準監督署より職場の安全確保顕著なるため表彰を受ける
1973年 7月
東京都労働基準局より職場の安全確保顕著なるため局長表彰を受ける
1981年12月
400t油圧プレスを導入する
1982年 7月
春日部労働基準監督署より職場の安全確保顕著なるため表彰を受ける
1989年12月
労働大臣より表彰を受ける
1999年 8月
アイダ大型プレス機300t×5台ロボットライン 400tリンクモーションプレス機1台を導入する
2003年12月
本社を埼玉県越谷市新川町1-23地に移転する。
2010年7月
マシニングセンター機  オークマ製1台  OKK製1台 を導入
2010年12月
介護部品メーカーと取引開始の為 2次元レーザー加工機・パイプベンダー機を導入
2013年9月
センクシア㈱様と共同開発WSBパネルの共同特許出願申請 ※2016年登録となる
2014年12月
合同会社まつざき技研はMBO実施、石井プレス工業株式を取得、ファンド系より独立する。
2016年4月
革新的な多関節ロボット生産の構築で、ものづくり・商業・サービス革新補助金で採択される。
2016年6月
プレス部門設備投資 新WSB生産ライン構築 多関節ロボット8台+4台導入 プレス機リリース11台
2017年12月
金型部門設備投資 IOT三菱ワイヤーカット3台導入 マシニング1台導入 大型研磨機1台導入
2018年4月
2次加工設備投資  直流スポット溶接機2機 安川ロボット溶接機1機導入

組織図

アクセス

〒343-0852 埼玉県越谷市新川町1-23
TEL 048-986-7151

< 電車 >
・JR武蔵野線・・・東川口駅下車タクシーで約10分
・東武線・・・・・ 新越谷駅、越谷駅下車タクシーで約15分

< 車 >
・東北道より浦和を降り越谷方面へ行き健康福祉村方面右折
・首都高より安行で降り赤山交差点を右折その後、辰ノ口橋を左折
・外環線より草加で降り4号バイパスに出、
 七左町交差点を左折後辰ノ口橋を右折